大学支援事業

大学支援事業は「キャリア教育に関する支援・講師派遣」「大学支援プロジェクトによる、大学と地域との連携に関する支援」に取組んでいる。

プロジェクトでは、大学と地域(自治体・中小企業)との繋がりをサポートして行くための具体的なプログラムを作成し、既に6大学に対して提案活動を実施した。我々の活動に賛同頂き、賛助会員になって頂いている大学も徐々に増えて来ている。

羽衣国際大学では、平成25年10月に大阪府中小企業家同友会と友好協定を締結し、春季・夏季のインターンシップの実施、平成26年6月には「キャリアデザイン論」に同友会メンバーが講師となった。

今後の取組として、大学に対して継続的な情報提供を行って行く必要がある。そのために、中小企業家同友会・太平洋人材交流センター等との更なる情報交換、文部科学省の大学政策の研究、支援メニューの充実、プロジェクトの体制強化等に取組んで行きたい。

現在、新しい教育法として注目されている「PBL(Project Based Learning):課題解決型学習」も提案して行く予定です。

羽衣国際大学、中小企業家同友会、KIAC3者協定写真